紫 根(しこん)について

紫 根(しこん) 
日テレ系列の番組『魔女たちの22時』で紹介され大変話題になっています。
【どんな薬草】
紫根はムラサキ(紫 Lithospermum erythrorhizon ムラサキ科の多年草植物の一種)の根で、染料として広く使われてきた歴史があります。漢方でも古来より利用されてきた重要な薬用植物の1つであり、漢方軟膏の紫雲膏(しうんこう)主成分として特に有名です。また外用だけでなく内服薬としても利用される生薬です。右の写真にあるムラサキの根を粗く刻んだものが紫根の商品となります。紫根は少し紫色をした根で、独特な匂いがあります。

紫根には種類があります。漢方では上記のムラサキの根を硬紫根(こうしこん)と呼び、これを正規品としています。他に同属異種のセイヨウムラサキ(L. officinale L.)が代用品として使われますが、こちらは軟紫根(なんしこん)と呼び区別しています。一般にはムラサキの根である硬紫根の方が西洋ムラサキの軟紫根とくらべ医薬品に向いているとされています。今回の化粧品に使うのであれば、やはりムラサキの根である硬紫根を原料として使う方が望ましいでしょう。

また同じムラサキの根でも漢方薬原料用に栽培されたものと染料用に栽培されたものがありますので注意が必要です。漢方薬用に栽培されたムラサキは残留農薬などの安全性に厳しい基準がありますので安心して人体に使えますが、染料用のものでは残留農薬の検査などが行われていないものもあり、化粧品として使用するのには注意が必要です。現在品質と安全性の面で安心な薬用の紫根(硬紫根)は漢方薬局でしか入手できません。

【紫根の利用法】
テレビで紹介され化粧水の作り方は以下の通りです。
◆『魔女たちの22時』情報 手作りの紫根化粧水作り方◆
300ccの水に紫根を約15g入れ沸騰させます。その後約15分弱火で煮こみ出来上がりです。茶漉しでこしたものを冷まして化粧水として、
これをコットンなどに取りパッティングします。出来上がった紫根水は黒色に近い濃紺で、市販されている紫根化粧水よりもずっと濃密なものとなります。
(番組では紫根15gで約1ヶ月分の化粧水が作れるといわれていました。)
保存方法にご注意ください。かならずフタのできる
密閉容器にうつして夏場はできるだけ冷蔵庫などで低温保存する事をおすすめします。
尚、原料の
紫根はビニール袋などに入れ密閉しておけば常温でも長期保存が可能です。


紫根商品紹介
当店の商品はすべて良質で安全性の高い薬用の紫根(硬紫根)100%の刻みです。
1. 紫 根 小袋100g入り 1袋 ¥1,620 商品番号m110
2. 紫 根 大袋500g入り 1袋 ¥5,400 商品番号m111
 
以上2種類となります。商品には当店で製作した紫根の使用説明書をお付け致します。

テレビで紹介された関係で長く品薄状態が続いていましたが、現在は順調に入荷しております。お届けはおおむね3日以内でお待たせしません。(ご来店いただけばその場でお渡し可能です。)
品質の良い医薬品原料の紫根をご用意致しましたので、よろしければ
こちらからご利用下さい

通販ご希望の場合以下も参照下さい。
1の紫根小袋(100g)は郵便でお送りする事が可能です。1袋なら送料/手数料 全国均一¥300でお送り致します。
2の紫根大袋(500g)はヤマト宅急便でお送りします。1袋ご利用の場合は代引手数料込みで送料¥400(北海道、九州、沖縄地方¥500)がかかります。紫根大袋は2袋以上で全国送料手数料無料となります。

紫根小袋をご利用いただく場合は、送料が安く済む郵便での送付を選択する事をおすすめします。(ご自宅のポストに普通郵便でお届けします) 
郵便でのお支払い方法は、後払いで郵振用紙を同封し郵便局からお支払いいただくか、指定の銀行口座に同じく後払いで入金いただく形となります。

紫根大袋(500g)をご利用の場合は、配達方法は全て宅急便となります。(サイズが大きいので郵便は使えません)
支払い方法は代引(コレクト)のご利用か、銀行振込になります。(宅急便の場合、お支払いの銀行振込は前金です。)代引手数料は別途かかませんので、お急ぎの場合代引をご利用する事をおすすめします。

注意 ご注文いただく際にメールアドレスなどが正確に記入されていないと受注できません。今までにご注文いただいた方で記入事項が不正確な為、ご連絡が取れない方が複数名いらっしゃいます。すでに注文いただいた方で商品が届いていない場合は、何らかの記入ミスがあり受注できていません。該当する方はメールか電話で当店へお問い合わせ下さい。

メールのご連絡はこちらからもできます。
ふくろう堂薬局 
kanpou@hukuroudou.jp
Tel 03-3628-3786 / Fax 03-3628-1263
(電話やファクスからのお問い合わせも受け付けております)



目次に戻る(Top)  | サイトマップ