表紙に戻る(Top)

レモングラス Lemon grass
レモンに似た爽やかな香り


レモングラス

【どんなハーブ?】
その名から連想される通りレモンに似た香りが特徴的なハーブで、古くから料理の香り付けやお茶に利用されてきました。レモングラスのハーブティーは気分をリフレッシュしてくれるため、朝起きた時や眠くなった時に飲むと頭をすっきりリフレッシュさせてくれます。わずかに酸味のあるレモンと生姜を合わせたような風味が個性的なハーブで、東南アジアでは料理などの隠し味に頻用されるハーブです。
レモングラスはイネ科の植物で、右の図のように稲や麦のような葉を持っています。ただしサイズはもっと大きな植物で2メートル位に育ちますので、イネよりもススキをイメージすると近い感じかと思います。暑い所に好んで生育する南国原産のハーブです。

同じレモンの香りを持つハーブと相性がよく、レモンバームなどとブレンドすると香りがいっそう引き立てられます。葉が少し硬い為、ハーブティーをいれる場合は葉を揉むようにしてからお湯を差すと香りがよく引き出されます。またお湯を入れる時はなるべく高温のものを使うのが、美味しくいれるコツといえます

【レモングラスの利用法】
料理の香りつけに使われるのが最もポピュラーな使い方です。タイなどの東南アジアやインドなど南方のエスニック料理には定番ハーブとして使われ、その香りが食欲をそそります。スープのトムヤムクンなどに使われていますので、ご存じの方も多い事でしょう。
もともと香辛料のような使い方をされているハーブですので、お茶として使う場合も食前食後のお茶に最適です。また気分をリフレッシュしたい時や、日中眠気がとれない時などにもおすすめのハーブティーです。また香り袋やポトスにしてそのレモンのような柑橘系の香りを楽しむのも一興です。

日本ではあまり使われませんが、浴剤にするのも良い利用法です。柑橘系の香りを楽しみながらゆっくり入浴すれば、その香りで湯上がりにサッパリ気分を味わえます。特に夏におすすめの浴剤といえます。

レモングラスのまとめ 

科 目 イネ科 レモンに似た柑橘系の香りを持つ。
ハーブティーに使う部位 葉

飲み方(1杯分)
ティーポットにティースプーン1杯のドライハーブを入れ、熱湯を注いで5分ほど蒸らします。
ハーブティーをいれる前に葉を指で揉むようにほぐしてからお湯を差すと香りがよく引き出されますので、うまく抽出するコツとして覚えておくと良いでしょう。ハチミツや砂糖、ステビア等で甘みをつけると美味しく飲めます。

ご注文はこちらから     


商品は以下の通りです。
 
レモングラス 100g包装  ¥ 864(商品番号h19)
 
レモングラス 500g包装 ¥3,780(商品番号h20)

メールのご連絡はこちらからもできます。
ふくろう堂薬局 
kanpou@hukuroudou.jp
Tel 03-3628-3786 / Fax 03-3628-1263
(電話やファクスからのお問い合わせも受け付けております)



目次に戻る(Top) | ハーブ一覧表に戻る | サイトマップ