表紙に戻る(Top)

ステビア Stevia
天然のノンカロリー甘味料


ステビア(アマハステビア)

【どんなハーブ?】
ステビアは正式名がアマハステビアというキク科の植物で、主に天然の甘味料として利用されます。最近ではスポーツドリンクやお菓子類などに砂糖のかわりとして配合されるようになった事で知られるようになってきました。その葉を口に含むと強い甘みを感じます。

ステビアはステビオサイドという成分を含み、その甘さは砂糖の百倍以上といわれています。しかしカロリーはほとんど無いので、理想的な天然のノンカロリー甘味料としてよく利用されます。

他のハーブティーや紅茶などに砂糖変わりとしてブレンドすれば、カロリー取り過ぎの心配がありません。女性も安心して甘みが楽しめます。ステビアの甘さは砂糖ではないので、歯の気になる方も心配もありません。各種料理の甘味料として使ったり、アイデア次第でいろいろな利用法が考えられます。



【ステビアの利用法】
ステビアはその葉をハーブティーとして使います。ステビア自身にはあまり香りはありません。香りを楽しむ用途のハーブとはこの点で大きく異なります。従って単独で使うより、他のハーブや紅茶とブレンドしてその甘味を楽しむ使い方が一般的です。
天然の甘味料で身体にも優しく、安心してお使いいただけます。

右の写真のように、ステビアのドライハーブはその葉と茎を乾燥したものを使用します。葉の肉質が薄く、葉脈はしっかりしている為、ドライハーブにした物は見た目はボロボロな枯れ葉という感じで、他のハーブのように美しいものではありません。しかしその葉を口に含めば、すぐ強い甘味を感じる事ができます。ステビアは香りや見た目を楽しむものではなく、味を楽しむハーブの代表といえるでしょう。


ステビアのまとめ 

科 目 キク科 アマハステビア
ハーブティーに使う部位 葉

用 途 天然の甘味料として利用されます。単独で利用するよりも、他のハーブ類にブレンドしたり、料理の甘みつけに使われる事が多いものです。
ハーブティ−を楽しんでいる方は、甘みつけとしてステビアをブレンドすると風味をそこなわず、どのハーブとも相性が良いので用意しておくと重宝します。ノンカロリーがうれしい天然の甘味料です。


飲み方(1杯分)
ティーポットにティースプーン1杯のドライハーブを入れ、熱湯を注いで3分ほど蒸らします。かなり甘味が強いので、分量は適宜調整して下さい。単独で使うと甘味だけで香りが楽しめないので、他のハーブをブレンドして使うのが良いでしょう。
また鍋で濃いめに煮出したものを保存しておいて、ガムシロップ代わりにいろいろな飲物や料理に使うのも賢い方法です。カロリーがほとんどゼロの為、糖分を控えたい方や体重が気になる方には特におすすめです。

ご注文はこちらから  

商品は以下の通りです。
 
ステビア 100g包装 ¥ 864(商品番号h07)
 
ステビア 500g包装 ¥3,780(商品番号h08)

メールのご連絡はこちらからもできます。
ふくろう堂薬局 
kanpou@hukuroudou.jp
Tel 03-3628-3786 / Fax 03-3628-1263
(電話やファクスからのお問い合わせも受け付けております)



目次に戻る(Top)ハーブ一覧表に戻るサイトマップ