表紙に戻る(Top)

カモミール(ジャーマン)German Chamomile
りんごの香りが爽やかなハーブの優等生。


ジャーマンカモミール

【どんなハーブ?】
ジャーマンカモミールはキク科の一年草で、りんごに似た甘い香りが特徴です。(ローマン種は多年草です)ハーブティーに使う部位は主に花部です。
学名は Matricaria recutita といい、日本ではカミツレという別名があります。

カモミールは広く親しまれてきたハーブの代表格といえるもので、日本でもたいへん人気があります。
カモミール類はいくつか種類がありますが、ハーブとしてよく使われるのはジャーマンカモミールとローマンカモミールの2種類です。一般的にお茶として使われるカモミールはジャーマン種が主流です。日本名のカミツレも一般的にはジャーマンカモミールの事を指しています。ハーブティーとして飲むのに使うのは「ジャーマン・カモミール」が多いようです。


カモミールという名前は『大地のりんご』という意味のギリシャ語に由来しています。その名にふさわしくりんごに似たとても良い香りがします。利用部位は主に花で、上の写真を参照するとわかるように、小ぶりのマーガレットのような白い花は観賞用としても十分に美しいものです。その為、最近では園芸店などでもカモミールの種や苗が販売されているのをしばしば見掛けます。ジャーマンカモミールは丈夫な植物で、日当たりさえあれば日本の気候でも容易に繁殖します。どんどん種をつけて増えますので、生育条件のよい花壇などに植えると一面カモミール畑になってしまう事もしばしばです。

ハーブとしての用途も大変広く、お茶にして味わってもよし、ポトスやアロマテラピーとして香りを楽しんでもよし、化粧水や浴剤としてもよしと、利用価値の高いハーブです。リラックスタイムのお茶としては最適で、カフェインを含みませんので就寝前でも安心して飲めます。

ジャーマン・カモミールも化粧水の原料になりますが、簡単に利用する場合は風呂に入れるよいでしょう。香りもよい為アロマテラピーとしてリラックスでき、まさに一石二鳥です。
またハーブティーで残ったお茶ガラはガーゼに包み、肌をパッティングすれば再利用できますね。そのまま香り袋に入れたり、ポプリにして香りを楽しむのも良いでしょう。

飲み方(1杯分)
ティーポットにティースプーン1杯のドライハーブを入れ、熱湯を注いで5分ほど蒸らして十分成分を抽出し利用します。ハチミツや砂糖、ステビア等で甘みをつけると美味しく飲めます。のどに優しくかぜのひき始めなどに最適なお茶となります。

なかなか寝つけない夜にはホットミルクティーにして飲むのもよいでしょう。香りがよくリラックスできます。

ご注文はこちらから   

商品は以下の通りです。
ジャーマン・カモミール 100g包装 ¥1,080(商品番号h01)
ジャーマン・カモミール 500g包装 ¥4,860(商品番号h02)

メールのご連絡はこちらからもできます。
ふくろう堂薬局 
kanpou@hukuroudou.jp
Tel 03-3628-3786 / Fax 03-3628-1263
(電話やファクスからのご注文やお問い合わせも受け付けております)


目次に戻る(Top) | ハーブ一覧表に戻る | サイトマップ